【保存版】弾道スペック データのウソ❓ ホント❓

面白いデータ、

あまり知られていない データをご紹介します。



   H-sp B-sp BS/HS 入射角 打出角 回転数 高さ 着弾角 飛距離

Driver 41.7 62.2 1.48  3.0  13.2  2610 22.8  37 218

3wood 40.0 58.6 1.48  -0.9  11.2  2700 21.0 39 195

5wood 39.1 56.8 1.47 -1.8 12.1 4500 23.7 43 185

7wood 37.7 54.6 1.46 -3.0 12.7 4690 22.8 46 174

4iron 35.5 51.5 1.45 -1.7 14.3 4800 21.9 43 169

5iron 35.1 49.7 1.43 -1.9 14.8 5080 21.0 45 161

6iron 34.6 48.4 1.41 -2.3 17.1 5940 22.8 46 152

7iron 33.7 46.2 1.38 -2.3 19.0 6700 22.7 47 141

8iron 32.8 44.4 1.33 -3.1 20.8 7490 22.8 47 130

9iron 32.0 41.3 1.32 -3.1 23.9 7580 22.7 47 119

PW 31.1 38.2 1.28 -2.8 25.7 8400 21.0 48 107

➂おまけ46.8 64.1 1.45  7.8  16.0  1710  ---  --  252


このデータは 複数のLPGAトーナメント(米国)で

計測した 数百人の女子プロ のショットデータ(2019年) です。


番手ごと ですが、左から 

◌ヘッドスピード

◌ボールスピード

◌俗に言う ミート率

◌ヘッドの入射角度

◌ボールの打ち出し角度

◌ボールの縦の回転数

◌ボールの最高到達(高さ)点

◌キャリーの接地(着弾)角度

◌キャリーボールの距離


平均的な 成人男性(おじさんゴルファー)のデータ と比べ

  ややハイスペック、やや飛ばし屋さん気味ですが

参考になる点も多いかと思います。

 キャリー218ヤードですので

 総飛距離は240~250ヤード と見て良いでしょう。


➀ドライバーを除き

全てのクラブに入射角度(データ上 マイナス値)が

あるコト ですね。

全部、真似はしきれませんが

 ウッドははらって打ち、アイアンは打ち込む は

実は本当では無いのが判ります。

長さ、や長さによる立ち方(前傾)などによって

 そう見えるだけ というコトなのでしょう。


ドライバーのティアップを考慮に入れても

🔴クラブごとの、ロフトなりの回転数の変化

🔴長さなりの 入射角度の変化 が

一定(の流れ)になっていますから 

ほぼ全番手 同じように振っている と考えて良いと思います。



ここは私たちよりもパワーがある、スピードがあるから

可能と言えるかもしれませんが、

ティーアップしたドライバーよりも

地面から打つ #3の方が

打ち出しも低く、最高到達点の高さも低い、

のは やはり プロならでは、です。



➁これは既に知っている人も居るかと思いますが、

 ボールの最高到達点、

 一番高くなるトコロは

 実は ほぼ全番手 同じ高さ です。



 飛ぶ距離に対し どこが一番高くなるか

 というコトで

 距離の出るドライバーは より真ん中にそれがあり

 ロフトの有るウエッジに近づくほど

 一番高くなるトコロが奥になる、と

 着弾角度から想像出来ます。


 同じ地面から打つ クラブ同士比べてみると

 3番ウッドのロフトが15度前後

 PWのロフトが 45度前後 ですが、

 (ボールの置き位置も関係しますが…)

 打ち出し角度には 15度前後しか差が無いコトから

如何にボールを潰して打っているか

 別な言い方をすれば 前さばきで打っているか 分かります。

ボールを潰して打つ は まだ死語ではないのですね。



 数週間前に女子メジャーを優勝した選手も

 ドライバーであっても 右手のスナップは

 打つまでは解かないイメージです、と言っていました。



➂ おまけですが 72歳時の

 ジャンボ尾崎 のドライバーショット データ です

 ひゃあああ やはり怪物ですねー



④これもオマケ ですが、

ドローボールと呼ばれているショットは

 アドレスのターゲットラインに対し

 すべて 右向きのフェースから生まれています。

開いているからスライス は一概には言えないのです。




全体的な、そして個人的な感想 で言いますと

アメリカの女子プロは思ったほど 普通 というか

驚くほどは飛んでいないのですね。

1年半~2年前のデータになりますから

ドライバーでは 打ち出し角度がやや増え

 スピン量が減っているのでは と予想します。


また、全番手のショットデータを見ると

 一般的アマチュアゴルファーは

 『いかに すくって打っているか』 わかります。

  余りにも違いが大きい…ですね。

真似をしよう とは言い切れませんが

本当の 上から打つ が掴めていないのでは❓ と思います。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示