【実地レポ】SYB EG-05(ドライバー)

万年スライサーだった自分が

 ドローボールをコースで打てるようになるとは…

噂に違わず スライスキラーは本当でした。


スピン抑制においては

店主の事前レクチャー通り、

コースボール使用の練習場ではありましたが

 低め、失速気味の弾道 で

レンヂボールはやや苦手な模様です。



ロフト変更のレンチもお借りしてましたが

あえて 練習場の結果は無視して

コースへはそのままのロフトで挑みました。


仕様:44.5インチ ヘッド重量235g

   振動数 144cpm




EZ-05 ロフト/フェース/ライ調整リスト

N-    10  0.0 59.0 ➀

LOW1   9.5 -0.5 59.5

LOW2   9.0 -1.0 60.0

LOW3   9.5 -0.5 60.5

N+   10.0 +0.5 61.0

HIGH1  10.5 +0.5 61.0

HIGH2  11.0 +1.0 60.5 ➁

HIGH3  10.5 +0.5 59.5



➀N-  10  0.0 59.0

(ラウンドは馴染みコース)



元々の弾道は 少し左に出て

右に戻ってくる 右回転系のボール です。


初っ端から 真っ直ぐ出て 左に曲がるボール

 ややひっかけ気味が続きました。


従来はランの少ないドライバーショットでしたが、

ランがすごく増え、ロストしてしまうほど、でした。


弾道はやや低めの中弾道、

この感じに慣れるのに苦労しました。

距離は1番手分から

落ちドコロによっては2番手減る感じです。


➁HIGH2  11.0 +1.0 60.5


次のラウンドでは ロフト設定を変えてみました。


従来は上がり易いドライバーショットの為、

少なめのロフトばかりを使ってきましたが、

一番大きなロフト設定で行ってみました。


結果は正解で

確率は高い訳ではないですが、

よく言われる ハイドローボール気味 な弾道も出て

ちょっと気持ちよかったです。

正確な距離は分かりませんが 10~15ヤード

丁度、ランが増えた分、飛距離は伸びると思われます。


難しいコトは分かりませんが、

ドライバーを買い替えた時、ロフト選択は迷いがちになりますが

それを購入後、解決できるという点ではとても良いと思います。

ロースピン系のドライバーの体験は無かったため、

頭の中はロフトを減らす方、とイメージしていました。

『ロフトを増やす方に変更する』とは思っていませんでした。



そう頻繁に変更するとは思えませんが、

設定変更時のレンチの力加減はちょっと怖いので

計測を経て、ロフト設定を決めるのが良いのかも知れません。

5回の閲覧0件のコメント