【実録】L型ブリストルパターと倶楽部シニア選手権 中編

ロングパットの距離感…の続き です。


(Aさん) ロングパットに関しての私へのご回答

 並びにブログから大きなヒントいただきました。


「ストロークのリズム感としては良くない ですが

 理屈上はトップで止まった状態から始めてもいいわけです」の記述に、

 じゃ、リズム感はともかく

 試しに実際にトップで止めてみようとやってみました。



 グリップごと大きく右に動かしたところで一旦止め、

 一呼吸おいた後に右肘を伸ばしてボールを押してやる感覚で

 ストロークしてみたのです。


 結果は「なるほど!」と納得できるものでした。

 シャフトの撓る感じも無くグリップを動かすスピードで

 距離がコントロールできる感じでした。

 振り子のストロークの癖から抜けるヒントになりました。



(店主)Aさんへの回答メールではないのですが、

 プロの試合も見ていて 気づくことが多々あります。


 パッティングストロークの肝は距離感 だと思うのですが、

 その距離感は 基礎的には どのロフトで当たるか、

 いつも どのロフトで打てるか によると思います。

 🤒パターなんて 小さいロフトだから 差はないじゃん…って

 思いガチですが、球の飛び、この場合は転がり、ですが

 球の飛びの元、となるロフトとは

 インパクト時を切り取った写真でのヘッドの姿勢『だけ』ではなく

 そのヘッドが どの軌道で入ってきたか、

 どのように抜けていったか、も関係してきます。


 日米、男女、レギュラー、シニアを問わず、プロの試合 を

 見ていて 非常に強く感じるコト は

 通年、何年も通して パッティング安定している人は

 インパクト以降 ヘッドの高さ変化が少ない…

 フェース、この場合は『ロフト』が

 許されるだけ「長く」インパクトロフトを保っているコト で、

 パッティングを得意としていない、

 緊迫した場面になると ボールが伸びない(転がらない)、

 ラインと距離が合わなくなるプロは 総じて

 インパクト以降 ヘッドの上りが早い、

 上下の変化が激しいです。

👀見た目…ですが、弾いて打っているように見えます。



 刷毛塗…とは言いませんが、

 振り子のストロークをしていると

 常時、ヘッドの高さがあり、それが激しく、

 それによって ロフトや軌道 だけでなく

 ボールの下目を叩きがちになります。


 また 最近ではレールやヒモなどを使って

 兎角、真っ直ぐ動かす事にご執心な人も多いですが、

 小さなロフト、とは言え

 パターにもライ角度とロフト角度があるため

 インパクトロフトが狂えば フェースの向きも同様に狂います。


 そういう意味合いでも

 振り子にしなければ打てない、

 振り子にしなければ届かない、 パターは避けるべき と感じます。


閲覧数:19回0件のコメント