【実録】L型ブリストルパターと倶楽部シニア選手権 後編

(Aさん)

昨年の秋にL型ブリストルパターを購入させて頂いきました。

あれから約10ヶ月間、家練も含めてほぼ毎日このパターを打ち続け、 そして合わせて「絶滅危惧種の……」ブログを読み返しながらラウンドして参りました。


そして今回所属倶楽部のスクラッチ競技である  「シニア選手権」で優勝することができました!



L型ブリストルパターも 最初の頃は仲間からキワモノ扱いされていましたが タイトル取ると何人もが「打たせて」と寄ってきます。

ほとんどの人が持った瞬間、  打った瞬間に「ダメだこりゃ」となりますが(笑)


これからもブログ読み続けますので継続お願いします。

とりあえず愛用者としてのご報告まで。 (店主)

シニア選手権優勝 おめでとうございます。

多少…かとは思いますが、お役に立てたことを嬉しく思います。

(Aさん)

いえいえ、多少どころか このパターがなかったら優勝は無かったと思っております。

このパター、私も最初のうちは大きくカップオーバーしての 3パットの山を築いておりましたが、 諦めずに使い続けた結果、去年前半(パター代える前)までは ラウンドのパット数は32~34辺りだったのが、 ここ最近は27~29で推移しています。 (今日は入らなかったなという日で30程度)


この差は大きいです!

このパターにしてから同伴競技者に同様に驚かれるのが、 入れ頃外し頃の距離を旗竿にカチン!と 当てる位のタッチで入る回数の多さです。 「よく打ててますね、私それが出来ないんです」と言われます。

「ありがとうございます」とは返しますが、 内心は「自分はそんなに打ってないんだよね。 この道具のおかげなんだけど……」です。


しなるシャフトをいかにしならせないように使うか?が やっと身に付いてきた気がします。

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示