【実験】SYB EZ-05 ドライバーヘッド

EZ-05 ドライバーヘッドに実装されている

 ネック調整をテストしてみました。


🔴実験ドライバー 44.5インチ/ヘッド重量 227g --振動数 148cpm

🔴ボール スリクソン X

ロフト角度だけ、ライ角度だけ、フェース角度だけ、

を調整することは出来ず、

 複合で変化する仕組みです。

添付されている レンチ は

 トルクレンチ になっており

締め付け時、「カチッ」音が鳴り、

締め付け規定値以上かからないようになっています。

(ちょっと怖いですけどね)

ネジを舐めたりしないよう

 グリップを下にして クラブを垂直に立てて                                                                                                                                                                                                                                                                                    

 締め付けるコトを推奨いたします。

ヘッドの標準値(Nマイナス)は

 ロフト角度 10.0

 フェース角度  0.0

 ライ角度  59.0 です。


ネック部の 表と裏に Nプラス Nマイナス

 と表示があり、それを目安に

LOW1 9.5 -0.5 59.5

(固定位置 Nマイナス寄り)

LOW2 9.0 -1.0 60.0

LOW3 9.5 -0.5 60.5


N+  10.0 +0.5 61.0

HIGH1 10.5 +0.5 61.0

(固定位置 Nプラス寄り)

HIGH2 11.0 +1.0 60.5

HIGH3 10.5 +0.5 59.5


合計で8通りの ライ、ロフト、フェースの組み合わせです。

3人のお客様に

❶ LOW2  9.0 -1.0 60.0

❷ Nマイナス  10  0  59.0

❸ HIGH2  11 +1.0 60.5

を打って頂きました。


打ち出し上下角度(平均値)

❶ 11.3度

❷ 13.2度

❸ 14.9度


縦のスピン量(平均値)

❶ 1761cpm

❷ 2155cpm

❸ 2487cpm


という 数値通りの結果 と相成りました。


✋打ち出しの左右角度に

 大きな差はありませんでした


元々のヘッドの性格が スピン抑制が強いので

どのロフト角度にしても かなり低めのスピン量 です。


低めの球質の方やヘッドスピードに自信の無い方には

9.0~9.5 は かなり手ごわい かも知れません。

やや 長めのセッティングが良いかも。。。


また 球質ですが、

これも 元々のヘッドの性格が スライスキラー の為

ロフトが大きくなる に ライ角度のアップ、

フェース角度のプラス が加わるので

ロフトを増やすほど 右回転体質が薄れ

❶ と ❸ では 左回転が約400cpm 増えました。

やはり 右回転気味で

弾道の高さやスピンの多さ に悩む

飛距離アップ希望のゴルファーにとっては

かなりの お助けドライバー に成り得るヘッド です。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示