あまり褒められない『マッスルバック使用する』理由

と…ここまでは

重心距離の長め(大振りなヘッド)になり易い

キャビティのアイアンの方が

ドライバーとの噛み合わせはいいですよ…

 との話しなんですが、

マッスルバックアイアンが選ばれる

 最大の理由は 実は

◌シャフトの硬さ でもなく

◌慣性モーメントの小ささ でもなく

◌ヘッドの軽さ でもなく

「ソールの薄さ」「バンスの無さ」 にあるのだと思います。


キャビティバックのアイアンと

 マッスルバックのアイアンは

 フェアウェイウッドとユーティリティの関係に似ています。


フェアウェイウッドは重心も深いうえに

 ソールに奥行き(ソールに奥行きがあるから重心が深い)があります。

一方、ユーティリティは アイアンに比べれば

 ヘッドに厚み(奥行き)はありますが、

 フェアウェイウッドに比べ、重心も浅く

 ソールの奥行きはありません。


実例:で言いますと(似たようなロフトで) ミステリーの

フェアウェイウッド HT-411  #5 ロフト 18度 は

 重心深度◌30mm ヘッドの奥行き◌80mm(8㌢)

ユーティリティ  HT-811 #3 ロフト19度 は

重心深度◌13mm ヘッドの奥行き◌60mm(6㌢) な上に

ウッドは バンスソールとは呼べませんが、フラットなソールですが

 ユーティリティは スクープソールはキツク

  ソール後方が上がっている、バンスの張っていないソールです。


 つまり ソールの奥行きがあったり

 キャビティヘッドに有りがちな、バンスのやや張ったソールであると

 ロフトを寝かし難く、

 ボールの下にヘッドが入れにくい のです。


バンス、ソールは ロフトを安定させる為のモノで

本来 バンス(ソール後方が下にせり出ている)がある方が

安定して、距離を出し易い のですが、

ロフトを寝かして ボールと地面(マット)の隙間に入れるには

バンス角度もソール自体も邪魔✋

 というのが 実は マッスルバック、もしくは小振りなヘッドを選ぶ

 最大の理由なのではないか、と思っています


ですので よほどパワーがある、スピードがある人でないと

 同じ人は、同じ理由によってフェアウェイウッドを好まず、

 ユーティリティを選ぶ傾向 が強くなります。



フェースローテーションそのもの ではなく、

それをする為には ロフトを、フェースを開いて

ボールの下にヘッドを差し込む、ロフトを寝かす、

その為に クラブの機能が無い、少ない方が良い…

  というのは ちょっとねぇ・・・・って気がします。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示