ウエッジのシャフトの硬さ

知られざる セッティングの狂い

 に スチールシャフトの特性要因 があります。



通常のスチールシャフト には

 ステップと言う段があり、

これ によって 強度、硬さを設定する、

つまり 単純構造の金属の筒、中の空いた棒 は

 その金属の厚みと太さで剛性を形成しています。


✋シャフトのシールとかが無く

 シャフトの硬さを見当付けたい場合、

 一段目(ファースト)ステップの位置 が

 どの位下にあるか 比較してみると良いですね


アイアンセットは番手によって、長さを変える為

 徐々に重くなっていくヘッド重量に相応して 下に行くほど

 シャフトは数値上、強く、硬くなっていく のですが、

 太さ によって その強度を調整しているスチールは

 △下にいくほど 必要以上に硬くなる性質

 △ある長さになると 極端に硬くなる性質

 △滑らかに硬さが変化しない 特性をもっています。


均等にヘッド重量が増える限り、

通常は ある程度の規則性をもって

 150 > 155 > 160 > 165  …と

シャフトの硬さ~振動数は数値が大きくなるのですが、

ほぼ全部、ほとんどのスチール装着アイアンセットは

9番アイアンあたりから ウエッジに向かって

数値の幅が 170 > 178 > 190 > 205

とあまり規則性無く 硬くなっていきます。



そして 現在、アイアンは中古市場以外は殆ど動かない

現状の中で、販売金額を下げる為

#5~PW#6~PW と ウエッジは別売りのパターンも多く、

それにつれ ウエッジ専用機種は

 更に、輪をかけて 硬いシャフト装着のモノが多いのが現状です。



6番アイアン、7番アイアンに比べ

 はるかに硬いシャフトの装着されたウエッジ、

……勿論、使用者本人は 『セットの流れ』だと疑って信じない

7番アイアンと同じ感じで振る、打つ と

 想定の距離 よりも飛びません。

本来、ロフト角度と長さの違いによる距離 が

 同じ感じでは出せず、実は下に行くほど

 ちょっと強めに打たないとイケナイ のです。


まだ フルショット の場合、

 その差は 若干、ひっかかったり 程度で済みますが、

加減の必要なアプローチにおいては

 そのシャフトの硬さ、硬さの差異 が

 ミスの大元 と呼んでも過言ではないほど です。



元々 アイアン全体も硬い中で

更に硬いウエッジのシャフト。。。

普通に打てば 届かないか、トップ、ダフリ、

多くが無理に届かせようと ヘッド部を振るコトを覚えます。

ロブショット。。。のような

業界的には グリーン周りの 「ポッコンショット」

これ はなんと言うか、わざと打つミスショットに近いモノ

なんですけれど、それを常用のショット として

多くのアマチュアは覚えてしまいます。



いまとなっては 高齢のゴルファーや女性にまで

 スチールシャフトを使わせる時代ですので

性質上、軽いヘッドの付いた

 セットの流れよりも 硬いシャフトの装着されたウエッジ で

足元の緩い バンカーショットを打て は

『バンカー苦手製造機』と言って良いでしょう。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 

046-804-1480

©2020 by ハミングバードスポルテ。Wix.com で作成されました。