ゴルフクラブの悩み☆アイアンとドライバー(ウッド)の噛み合わせ

(長崎通信)

支部員のクラブに対する悩みは、皆無です。

従って、基本 初期投資のみ。

周囲は 悩んでおられる 。

14本のクラブの統一感に対する疑念と、

自分に合っているのかに 悩んでおられ、

新製品や中古品の 衝動買いにも似た様な行動に

時間とお金を使っておられます。

楽しんでおられるなら よか と思っておりますが、

そうは見えない方が多いです。


(店主)

本当にそうですね。


現状のゴルフクラブの 変化/進化は歪な方向に進んでいます。

この部分が 現在のゴルフクラブの最大の問題点 です。



👉ドライバーは飛ばない と売れませんので

シャフトがどんどん柔らかくなっています。

2021年現在の 一般的なSRシャフト は

20年前の レディース相当 です。


👉一方、アイアンは一本売りが基本ではないので

セットを #6~PW 5本にしたり、と

『低予算でないと』売れません…。

基本、硬いシャフトではほぼ商品の違いによる性能差

は出ないので ブランドと価格のみが『セールスポイント状態』


"その結果のスチールシャフト装着" であって

スチールシャフトが良いから、ではない

安かれ、悪かれの売り手都合が続いています。



本来、コース、現場では

一球交互交互に打つ ドライバーとアイアン が

 振動数230cpm-ドライバー と 320cpm-アイアン の差…。

必ず ミスが出る、

ミスが出るように誘発されるスペックの差 です。


そのミスが出ないようにするため 練習の数、頻度を増やすと

『当然』ボールの置き位置(右打ち)が

ドライバーは㊧ 👉左かかと前位

アイアンはは㊥ 👉人によっては真ん中よりも右

へ行き着くことになり、そのボールの場所の違い から

結局、同じスイング、同じタイミングでは当たらない、

コースの傾斜や景色で ボールの位置のズレのよるミス…

それもまた 当然の帰結 です。

002

230cpm-ドライバー 320cpm-アイアン

市販のごく一般的な組み合わせ だと

パワーのある人はドライバーに悩み

パワーの無い人はアイアンに悩みます


スイングの問題があっても、無くても、

空中にあるボールを打つドライバーは

250cpm を 220cpm に変更しても、その逆の

220cpm を 250cpm に変更しても、

ある程度 慣れてしまえば なんとかなりますが、

地面にあるボールを打つ アイアンは そうは行きません。


320cpmを 300cpm にしても

まだまだ はるかに硬く、代り映えがしません。

280cpm でも まだまだまだ 硬く

それ以下に 落とすには スチールでは難しい…。

それを『クラブで解決』しようとすると

 いきなり 倍、倍以上 単価が上がる

おそらく ゴルフクラブの最大の問題はココ なのでしょう。


カーボンシャフト(グラファイトシャフト) は

スチールシャフト とは 発想が全く別です。

シャフトを歪ませない、変形させないコトが

 基本思想なスチールシャフト

シャフトを歪ませる、変形させるコトが前提で

 その復元や力の逃がしを考えているカーボン

前者が強度発想 で 後者は剛性発想 です。

まあ 言ってしまえば 前者は旧世代の産物…。

ですので 300cpmのスチールシャフトの相当するのは

250cpm それ以下のカーボンシャフト装着品、

220cpmの硬さのドライバーに適したアイアンの硬さは

230~235cpm-5番アイアン相当 です。

そんなモノは 市販のクラブには存在しません。


在ったとしても 超高額か、

超軽量ヘッドの付いた 後期高齢者仕様、

一般的な アイアン購入者の頭の外の商品です。



アイアンに硬さにドライバーを合わせると

体を傷めることになり、

ドライバーの硬さにアイアンを合わせようとしても

市販にはそういう系列のアイアンは存在していない。


使う予算を抑えるため

中古市場で売ったり、買ったり しても

名称と色柄が変わる、毛色が変わるだけで

その構図の中から抜け出せないのですから

本来、クラブの買い替え、それに伴う迷い

も ゴルフの楽しみ だった筈なんですが…。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示