シャフトが動かすモノ

一般的によく使われる

『ヘッドが走る~シャフトが走る』というのは

グリップの移動量よりもヘッドの移動量が多く、

かつ 速くヘッドが移動することを指すのだと思います。



気が付かないからも知れませんが、

別なゴルフ用語で、このことを

「ヘッドターン、ヘッドを返す」

「ヘッドを開いて入れて、閉じて出す」とも言います。

ほぼ 全く同じ行為を指しています。



クラブの構造や機能を知ると

この行為の怪しさ、ダメさ加減が理解できるんじゃないでしょうか


打ち手の差を除き、

ヘッドとボールの接触によって ボール/弾道には

✊左右の角度

✊上下の角度

✊ボールの回転

✊ボールの速度

が生まれる訳ですが、

ロフト角度・ライ角度で考えると

この二つの角度は非常に密接に混じり合ったものです。


上記のクラブの入れ方ですと

打つ前に クラブはロフトも向きも開いていますから

この状態でインパクトが来れば

・・高く

・・回転数も多く

・・右に飛び出て

・・右に曲がります。

典型的なコスリスライスです。





これをヘッドターン・ヘッドを先に生かせると 今度は

・・低く

・・回転数も多く

・・左に飛び出て

・・左に曲がります

通称、引っ掛けフック、 ほぼ 真反対の弾道になる訳です。


ヘッドターンはクラブの構造上

✋ロフト角度 大きい➟小さい

✋ライ角度  多い➟少ない➟多い

✋フェースの向き ㊨➟㊧

と同時に変化していきます。


ヘッドがグリップを追い越したのに右を向いているのは

構造上かなり難しく、逆にその使い方では

ヘッドが後ろにある時左を向けたらボールに当たりません。


ですので シャフトのしなり・しなり戻りには

必ず シャフトを軸とした回転が伴ってしまいます。

それにクラブ姿勢やヘッド姿勢に影響を大きく受ける

ヘッド軌道も絡むので

全てのコトが揃うのは天文学的確率です。

そして 似た球を繰り返すのは もう奇跡の産物です。



ドライバーであれば ヘッドスピードに自信がなくとも

ヘッドとボールの接触する時間は 1/3000秒

この真ん中の状態が運よくインパクトに来るでしょうか?


何を言いたいか というと

シャフトを開発する、製造する という観点で

上記の使い方「ヘッドを走らせる~シャフトを走らせる」

のを強化していくと

一か八かで飛ぶけど、弾道は異様に安定しない

と言うシャフトを造ることになります。

手元を強く、太く、硬くし、動きにくいようにし、

シャフトには 歪み耐性の高い、復元耐性の高い繊維を

中から先に斜めに入れることになるでしょう。

手元が硬く、先端部が緩めの 高弾性のシャフト

ですので 全体的にはとても硬めのシャフトに仕上がります。


また ヘッドを走らせるために、グリップの移動量や

グリップの移動速度を制限することは

即ち ヘッドスピードの制限に成りかねませんから

単に 打ち手の『ヘッドが走った』という欲求満たすだけの

シャフトのなる可能性も否めません。



ゴルフクラブは ごくごく当たり前ですが

グリップが動けば(移動すれば)

ヘッドも動きます(移動します)


✌グリップが動くことによって ヘッドが動けば

 ヘッドの姿勢変化もかなり抑制できます。

 同じ姿勢のまま移動することが可能です。


✌かつ グリップの移動速度や移動ルート によって

 ヘッドの移動速度や移動ルートも変えやすいですから

 距離の管理/調整、弾道の修正/改良が

 行いやすくなります。


✌ヘッドを振って、シャフトを走らせる打撃は

 飛ばすコトと安定させるコト/真っ直ぐ行かせるコト

 が 相反する関係になりますが、

 グリップを動かして ヘッドを動かす打撃は

 それがイコールの関係にし易いです。


ヘッドとグリップの位置関係を

上下に反転させることを考えれば

クラブはどう扱う方がよりベターなのか

シャフトはどう扱う方がよりベターなのか

答えは見つかってくると思います。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示