スイングは『シャフトの硬さ』で決まる⁈

スイングの仕方は兎も角

 60歳前後 の 平均的な体力、身体能力の男性にとって

 本当の意味での R(アール) レギュラー

 私が間違っていなければ スタンダード、標準と言う意味だと

 思いますが、

 45インチ のドライバーで 200~220cpm

 38インチ のアイアン(5番位) 220~240cpm です。


 それを 本当の意味の 標準 とすると

 ドライバー 250cpm / アイアン 320cpm は

 もう 何と言って良いのか オーバースペック以前に

 規格外、範囲外 のモノになります。


 世の中にある おじさん用レギュラーシャフト で

 ドライバー 230cpm / アイアン 290cpm  だったりしますが、

 レギュラー 標準 と言いながら

 それを選ぶ人は多くありません。



では この世にパラレルワールドがあると仮定し、

 前述の 60歳前後の人が 体力相応の硬さ アイアン230cpm

 と モンスタークラスのスペック アイアン320cpm で

 ゴルフを練習して 1年後、同じスイングになっている と思いますか❓


 どんな類のスイングか は別として

 滑らかな 無理のない 体にやさしそうなスイング に

 なっているのは どちらだと思いますか❓

ゴルフ練習場でボールを打ち始める頃、

 フェースターン、ヘッド返し なんかは意識していません。

 ハードスペックだから 仕方なく 打つためにする。


そして、のちのち、ゴルフ雑誌やゴルフ仲間に

 フェースターンは正しい、するべきことだと後押し される、

 スイング成り立ちは 概ね こんな順番じゃ ありませんか❓


理屈で言えば、ロフトやフェースの向き、弾道の高さや方向

 がある角度のある打撃部ですので

 難しくなるような打ち方をしなくても 真っ直ぐ飛ぶ なら

 それに越したことはありませんが、

 超ハードスペック(本人の自覚はない)はそれを許しません。


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示