top of page

スイングウエイト スイングバランスの値、意味

ゴルフクラブの性格?や特徴を表すのに

よく使われる言葉の一つに『スイングウエイト』というのが

あります。 D-1 や C-8 といったものです。


このような計測器で計ります。

基本的な原理はグリップエンドから14インチ(35.5センチ)

の場所を支点にして、クラブを水平に保つためにグリップエンド

側にどのくらいの重量が必要なのか 天秤で計るもので、


クラブに対するヘッドの重量はどの位なのかを計るもの


と考えるとよいかと思います。

スイングバランス と呼ばれることもあります。


インチ・オンス換算なのでぴったりの数値ではありませんが

長さが同じであれば ひと目盛約2gと考えてよく

C-0 のモノに比べ D-0 のモノは

「ヘッド重量が約20g重い」と考えてよいだろう。


ただ、昨今 軽量グリップが多くなり、それによっても

数値は異なってくる。


これも大まかな数値ではあるが、グリップが4g軽くなると

数値は1ポイント変わってくる。

従来、一般値と言われる50g前後のグリップを

軽量の35gのグリップに代えると、スイングウエイトは

数値上、4ポイント上がることになる。


長さの場合は、1インチ(2.54センチ)6ポイント

ヘッド重量で言うと12~15g分で

長さを変えて、同じスイングウエイトにする場合

長くする場合、ヘッド重量を減らし、

短くする場合は、ヘッド重量を増やす必要がある。


**このスイングウエイトは、

クラブを水平時に保った静止状態のバランス であって

使う人が動的に感じる「バランス」とは大きく異なる。


ヘッドの効き具合、ヘッドを感じ取れる度合いは

シャフトの硬さとの兼ね合い によるもので

同じ数値で有ったとしても、シャフトの硬いものほど

ヘッドは感じ取りにくいものである。


スウイングウエイトを数値を「幾つ」と決めてかかって

シャフトの硬さの変化を無視してしまうと

良いことは無い。

同じシャフトのR、S、X では

同じヘッド重量であっても、硬くなるほどに

ヘッドを感じ取り難くなっていくものです。


ボールを打撃しなければならない箇所、ヘッド。

そして、それには上下左右の角度が付いている訳で

その部分を感じ取ろうとするのは、打撃の本能だと思う。

ヘッドそのものが軽いのはもっての外、ではあるが、

それと同時に、動的な状態で

ヘッドが把握し難い、硬さで有る場合、

その数値にこだわらず、簡単にヘッドが感じ取れる重さまで

増量することをお薦めします。

閲覧数:10回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page