top of page

ドライバーに悩んだら 短尺「気味」はお薦め

店長「短尺…にするのも、自分のスイングタイプ、ショットのデータなどを

 見て決めた方が良いですけれど、 長尺 もそれと同じです。


 何度も言っていますが、

 ゴルフクラブは 長さが増す、長くなると

 クラブ全体の慣性…動かした時の重さ感 の為

 その長さが増した分、『ヘッド重量は減ります。』

 例えば…ですが、

 ものすごく物騒な話ですが、

 ヘッドのついていないシャフトとグリップ、

 ヘッドが付いているよりも 速く振れますが、

 それで 人を叩いて 殺すことは出来ないでしょう。


 突き刺す…なら 別ですけれど…。


 でも、ヘッドが付いていれば 振る速度は遅くなりますが、

 当たりドコロによっては かなり危ない。


 クラブが長くなって 例え、速度が『多少』高くなったとしても

 ヘッドの重量が落ちていますから 総合的な破壊力は

 あまり変化していないんです。


 クラブの中で一番長い ドライバーそのものに

 『ロフト角度』は別として 破壊力が一番有ったら、

 振り難くて、扱い辛くて 仕方がないでしょう。


 ドライバーが一番飛ぶのは 一番少ないロフトでも

 使える工夫、クラブの長さによるアタックアングルであったり

 長さによる速度 や ティーアップがあるから で

 ポイントになるのは 『ロフト角度』です。


 そして ボールの上がりや回転、速度に影響を及ぼす

 『ロフト角度』は 物的なヘッドのロフト角度 だけでなく

 そのヘッドのボールに入ってくる 入射角度、アタックアングル

 含まれています。


 製品の物理的なロフト角度 と ヘッドのアタックアングル

 ボールの及ぼす影響は 半々、

 物理的な角度が 及ぼす影響は 半分に過ぎません。


✅ロフトが小さくなると

 ボールの速度は増え 打ち出し角度は減り、回転は減ります


✅ロフトが大きくなると

 ボールの速度は減り、打ち出し角度は増え、回転は増えます

〇ドライバーの場合、進入角度は良いトコロ レベル位で

 ダウンには入ってきにくいですから

 アッパーの度合いが変わると思います。


✅アッパーの度合いが減ると

 ボールの速度は増し、打ち出し角度は減り、回転数は増えます


✅アッパーの度合いが増えると

 ボールの速度は減り、打ち出し角度は増え、回転数は減ります


 この二つの組み合わせは思っている以上に複雑で

 本当に その人その人によって 結果が異なって来ます。


 なんだか 性質の悪い冗談の様ですが

 長尺で 距離の効果が高い のは

 元々、ヘッドスピード高めの人…距離に悩んでいない人で、

 飛距離アップを悩んでいる人には

 長尺の恩恵は多くありません。


 逆に ヘッドスピードの余り高くない人には

 44インチなどの 短尺効果 の方が恩恵は多く、

 また 扱い易さによるショットの安定、方向の安定 が

 自信や安心感を生み 気持ちよく振れる

👉飛距離が伸びる という二次効果も期待できます。


構えやボールの位置なども フェアウェイウッドやアイアンなどと

近づいてきますから 悩みの複雑化を避けられます。


 あまり短くし過ぎるのは ロフト角度を増やす方向で

 考えなくてはいけなくなりますが、

 11~12.0度位のロフトで済む長さ

 であれば ミスをしても ロフトが助けてくれます。

 どんなロフト角度が良いかも 人それぞれですが、

 大きめのロフトで打つ安心感もあるでしょう。


 ドライバーに悩んだら 短尺「気味」なモノ

 考えても良いかも知れないですよ。」

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page