ドライバーの悩み…?

【ドライバーを悩み、いろいろ模索されているお客様への回答です。】 ショット、ドライバーに関してのお悩みというか 相談ですが、

ドライバー単体もそうですが、

クラブセットとしての流れ が悪いような気がします。


お使いの C社 もしくは T社な訳ですが

それに対し、アイアンは一般的なモノ 軟鉄ヘッドにスチールシャフト

と言う組み合わせと思われます。

ヘッドスピード等から考えますと

 軽量スチールではなく、ごく普通のダイナミックゴールドあたり

かと思われますが(軽量スチールであっても問題は変わりません)

ウッド…ドライバーの方は 硬さ-振動数250~260cpm それ以下の場合もあります

アイアン…5番アイアンで 硬さ-振動数 300~320cpm それ以上の場合もあります

その上、

ドライバー…重心距離 40mmオーバー/おそらく42mm

アイアン……重心距離 35~37mm


シャフトが長く、アイアンに比べ 遥かに柔らかい 重心距離の長いドライバー

シャフトが短く、ドライバーに比べ 遥かに硬い 重心距離の短いアイアン

正確な数値は把握しておりませんが、ごく一般的な、ヘッドスピード相応のセットであれば

ドライバーとアイアンの硬さの差は 4フレックス近くあります。

ドライバー基準(R)にすれば アイアンは XX の硬さ

アイアン基準(R)にすれば  ドライバーは L以下の柔らかさ です。


これを交互に使う訳です。

冷静に、客観的に見れば 上手く行く方が不思議 な程の差です。

。。。ボールの置き位置にも かなりの違いが出そうな差 ですね


スイング造りなども含め、練習での球数はアイアン、アプローチが多いかと思いますが、

俗に言う 自分の打ち方は アイアンのヘッドの重さ、シャフトの硬さ、重心距離 で

造られる可能性が高いでしょう。

そこに アイアンに比べ LADIES以下に相当する柔らかさの

 重心距離の長く、深い、ドライバーが入るのです。

それが 特に苦労するヘッドスピード帯でもあります。


スライス抑制を謳う T社製ドライバー は重心距離も長く、重心深度も深い

おそらく シャフトももう一方に比べ、柔らかめと思われます。

一般論で言う スライス抑制が効いたタイプのモノ が

より違和感を生むこと、過度に㊧行き左曲がりの低い球か

ロフトが立っているのに 上に逃げる右行きの球にいずれかになりガチでしょう。


ドライバーのお悩みに対する回答になったか、どうか分かりませんが、

セットの流れの構築 と言うのが大きな課題のような気がします。


現在、アイアンに問題がないから… と言って

それを基準に、アイアンの硬さに合わせた ウッドではあまりにきつ過ぎます。

関節等を傷める可能性も高いでしょう。

ですので ドライバーを上手く打たせるための

 アイアンヘッドの重さ、アイアンシャフトの硬さ(この場合は柔らかさ)

どれを打っても、違和感、タイミングの相違の無い セット構築、

また 将来を見越した(加齢)に対する

 クラブを通しての自然なスイング形成 のためには

全体の硬さを程よく落とした「本当の意味でのセッティング」をお薦めいたします。



そこそこにヘッドスピードが有りますので

特にシャフトの硬さの差異、相違が顕著に出易くなりますので

もしよろしければ 試打クラブもご用意出来ますので

ドライバーを上手く打たせるための アイアン や

セット(試打の場合はセット、と言うわけには行きませんが)

噛み合わせ としての ウッド、ドライバーとアイアン

というのを 一度考えてみても良いかと思います。

1回の閲覧0件のコメント
 

046-804-1480

©2020 by ハミングバードスポルテ。Wix.com で作成されました。