top of page

ネック調整式ドライバー の知られていない話し

店長「ゴルフクラブについて

 あまり語られていない、知られていないコトが

 あるんですね。」


質問「な、なんです。」


店長「ものすごく 単純なコトなんですけれど🤗例えば、ですね。

シャフトには 『キックポイント』

調子って言葉で言うと 先調子とか、元調子とか、

ありますよね。」


質問「ありますね。中身はよく分からないんですけど…。」


店長「まあ あまり気にしなくてもいいですし、

 大抵の人は 硬い、動かないシャフトを使っているから

 キックポイント自体効果を発揮してません。


 本題はキックポイントではないんですけど。」


質問「はい。」


店長「クラブメーカーやシャフトメーカーに聞いてみると

 答えてくれますけれど、その調子・キックポイントで

 先調子~ヘッド寄り と 元調子~グリップ寄り

 その差って ドライバーのシャフト であっても

 1in~2.5センチ程度しかないんですね。」


質問「ドライバーシャフトの全長ってどの位ですか❓」


店長「45inのモノで 110㎝位でしょうか。」


質問「その長さにすると 先調子でも元調子でも

 殆ど差が無い ッテコトなんですか❓」



店長「ないですね。

 メーカーによっては その差は1cm位と言っているトコロもあります。

 シャフトの全長の1%、多くても2%前後です。

 シャフトにも製品誤差がありますから、

 その範囲と考えても良い程度の差です。


 実はそれよりもですね。


 ヘッドのネック長の差の方が大きいんです

 今回はソッチが本題です。

 現在、ドライバーは ネック調整式のモノが多い、主流です。」


質問「カチャカチャ って奴ですね。」


店長「はい。

 ネック調整のヘッドって どうしてもネック長が長くなってしまうんです。」


質問「調整しろを取らなくてはならないでしょうからね。」


店長「ですので 薄べったい(シャロー) 非調整式のヘッド と

 厚め(ディープ)目の 調整式のヘッドでは

 同じ 45inのドライバーであっても

 装着される シャフトの実寸 が かなり違うんです。

 機種にもよりますけれど

 シャフトの調子・キックポイント以上の差があるケースも

 たくさんあります。



 初期の頃の ネック調整式のドライバー って

 壊れやすい と言うのもあったんですが、

 それを防止する為も有って ネック側に重量が集まり過ぎて

 飛ばなかったんですね。


 それが何度も改良されて 今に至っているんですが、

 各機種ともに ドライバーが低重心化がかなり進んだ

 って言うのも勿論、有りますし、

 ドライバーシャフトの硬さ『基準』がかなり柔らかく、

 振動数で言うと 20~30cpm柔らかくなったってのも

 あるんですけれど、


 実はネック調整式のドライバー は

 そのネックの長さから シャフト自体は『短い

 同じ45インチであっても 従来のタイプの

 ドライバーヘッドに比べ 使っているシャフトが少ない、

 短いって言うのも ポイントのヒトツ なんですよ。」 



閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page