top of page

パターヘッドのデザインの妙


店長「パターって カップにボールを入れる

 『入るのか?!』ってコトばかり気にされガチ ですけれど

 原則としては どのパターであっても そう簡単には

 『入らない』んですよ。当たり前ですけど

 『絶対入るパター』なんてのは存在しないんです。


 一番 重要なのは 距離が合うか、

 いつも 同じ距離、同じタッチになり易いか、 どうか で

 距離が合っていれば パターの総数は 多くはならない、

 パッティングはストレスにならなくなります。

 自分なりの『気持ち良い転がりをするか

 ここがポイントだと思うんですね。


 ✋その点において

 フォローは出易い…のかも知れませんが

 アッパーになり易く、それによって

 打点がズレてしまい易い 深すぎる重心は

 ことパターに関しては ✖ だと思います。


 数値で言うのなら パターの重心深度は

 👉10㎜~15㎜位になると思います。


 ✋また、重心の高さ 

 高すぎるのもなんでしょうけれど

 間違っているのなら 高すぎる方がマシ。

 ボールの直径が45㎜

 ボールが自重で芝に少し沈んでいるとして

 20~22㎜ 位が赤道になります。


 パターストロークも ある程度の空中、

 地面を引き摺って…ではありませんので

 適度な空中を動かす、として

 重心の高さは 18~22㎜辺りが良いんじゃないですかね。


 今回 仮称:TPA18のハミングバードバージョンを造る

 に当たって そう言う感じになってくると思います。


 弊社のパターは ヘッド重量がありますので

 ボールは伸びます。

 ゆっくりした出だしのスピードでも減速しにくい

 それは 既にブリストルやデール9で実証済み ですので

 ヘッド重量は しっかり確保したい。」


質問「確かに ボールが止まりそうで 止まらない独特の

 転がりをしますよね。」


店長「重心がある程度高く、ヘッド重量のあるパターの特徴

 と言ったトコロだと思います。

 今回は マレットに近い形状 になりますので

 とても重要になるポイントがあるんですね。

 パターって 構えやすい のも重要だと思うんですけど



 動かし出し易さ、静から動への動き出し易さ、

 どの方向に どういう風に動かし出せば良いのか、

 そういうのがイメージし易い 形状、シルエット、

 それがとても大切だと思うんです。


 何にも考えなくても スッと引ける と言うか、

 どこにどう上げたら良いのか迷わせるような

 そう言うデザインは とってもマズイ と思うんです。


 パターの重心、深重心や低重心のコト が気になったので

 主要メーカーのサイトを見てみたんですね。

 そうすると 各所揃って

 目標に向けての『構え』

 真っ直ぐ構えられる ようなコト を

 非常に強調しているんですけれど…。」


質問「ですけれど…❓」

店長「構えやすい、目標に向けやすい は重要と思いますけど

 それって 静 の状態であって

 それが 動 に移るコトは一言も触れられていない。


 多分 パターストロークにおいて

 その静から動に移る瞬間が一番難しい…

 ソレに迷いがうまれるのが 俗に言うイップスです。


 まるで 構えるコトで完結している ような表現で

 動かして打つコト には触れていない んです。」


質問「どこも❓ ですか。」


店長「はい。日本語で読めるサイトでは どこも、です。


 ハミングバードで パターだけでなく クラブヘッド全般を

 デザインする場合、引き易さ、

 どの方向に、どんな感じで 動かせば良いのか、

 ぼんやり ではありますけれど ガイドする、

 動き出しの迷いを生ませない、

 ソコって かなり重要課題、

 クラブデザイン、シルエットの命 と言える部分です。


 奥行きの有るマレットの場合、ソコはとっても重要になります。

 ソコの造り込み で クラブの明暗を分ける ほどに。」

閲覧数:13回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page