top of page

ユーティリティ、フェアウェイウッドのクラブアレンジ

女子プロが使っている、などで話題、

 番手の大きな ➅番~ロフト27度位や ⑦番~ロフト30度位

 のユーティリティクラブも登場してきています。 


フェアウェイウッドであれば

 ⑨番~25度位 や 機種によっては ⑪番~28度位

 のモノもあり、お好み によって

 穴のあく距離やお好みによって 選ぶことが出来ます。

アイアン、ユーティリティ、フェアウェイウッド

 この どれを使うべき❓ 使った方が良い❓

 かは 困ったことに、楽しいことに

 その方、その方の 弾道質やヘッドスピードによって異なり、

 アイアン、UT、FW の順に


〇打ち出しの「角度が低め」、スピンが多め、

〇その中間

〇打ち出しの「角度が高め」、スピンが少な目、

 になります。 


 その弾道質の違い、

 使われるヘッドの性質の違い、がありますので

 アイアンの何番相当が UTの何番相当、FWの何番相当、

 も 使われる方によって異なります。


クラフトマンの立場からのアドバイス ですが、

 女性やシニアになると アイアンで高さを取る、

 ボールが止まってくれるような高さを取るのが苦しくなる ので

 UT や FW を頼りにするようになるのですが、

 UT であっても FW であっても

 多くの機種は 隣同士の番手のロフトピッチ(差)は

 3度と詰まっていますので

 市販モデルの 半インチ違い では

 例えば、ですが、横並びのモノを 3本入れた場合

 それぞれの距離の違いがはっきりし難くなりますので

 入れる本数や番手構成にもよりますが、

 長さピッチを 5/8インチ や 3/4インチなど

 距離差がハッキリ出るモノにした方が良いと思います。


 長ければ飛ぶ なんてことは決してありませんが、

 ボールを浮かし難くなる ロフトの少ないモノは

 やや長め…使い難くならない程度に長め

 の方が 結果として 距離を稼ぎやすくなります。

ロフト構成、本数と長さのピッチ

 はアイアンにも言えるコトですが、

上の番手は 望む距離を打てそうにないから… など

本数を少なくしたい や ハーフセットにしたい

場合なども 何処の番手を基準にするかによりますが、


上はやや長め にする、とか

ウエッジは短め にする など

実は 番手間のピッチ は 半インチではなく

3/4インチはちょっとやり過ぎですが、

5/8インチ(半インチは4/8)ピッチ するとか

センチ単位にするとか 工夫をするコトも可能です。


✋番手ごとの距離差が出にくい女性などには

とても 好評なクラブアレンジです。

閲覧数:10回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page