リシャフト//シャフトのバランスポイント

シャフトの重量バランス(バランスポイント

 -バランスの取れるポイント(箇所)

は ゴルフクラブのカタログ では まず、絶対、

場合によってはシャフトメーカーのカタログ であっても

 表に出てくることはありません。

ゴルフ雑誌のゴルフクラブやシャフトの特集であっても

 ほとんど 取り上げられるコトも無いでしょう。



シャフトを選ぶ際のポイントとして

まずは 硬さ/柔らかさ(絶対条件‼)

 そして 重量   …とは思うのですが……。


他にも、 やれ キックポイントとかトルクとか ありますが、

この表に出てこない バランスポイント というのが

シャフトの 良い意味でも、悪い意味でも

最大の特色 ~機種による違い になるのでは… と思います。


表に出て来ないので とても厄介 です。


製造業者である 私 であっても

 各メーカーの、各機種の バランスポイントは

実物を手に取り 各パーツの重量を調べたり、

 測らないと分からないケースが少なくありません。


✋正確に測るには クラブとして組み立てられていない

 シャフト単体の状態 が必要です。

シャフトは ご存知の通り

 先端が細く、手元(グリップ側)が太くなっています。


サイズ(代表的なモノの外径) で言うと

●ウッドの場合 先端が 8.5mm  グリップエンドが15.0mm

●アイアンの場合

 グラファイト素材    9.4mm  グリップエンドが15.0mm

 スチール素材     9.0mm  グリップエンドが15.0mm


✌✌✌細い部分である先端の強度を補強する為、

グラファイト素材の場合は 先端に弾性の高い(強い)素材を足し増し、

スチール素材の場合は 金属素材の厚みで補強、

 少々オーバーではありますが、外径(見た目)と反対に

 内側は逆テーパー(スチールシャフト)になっているような状態です。


蛇足ではありますが、

スチールシャフトの方が補強し難いにもかかわらず

グラファイトの外径より細いのは ある理由による形状の違い です。

その形状~外径が固定化、される頃は接着剤の素材が良くなかったため、

接着され難いスチールシャフトは

 先端部をテーパー化して、接着面積を稼いでいます。

(グラファイト素材のそれは ほとんど パラレル です)

接着材の質、向上がなされている為、

 現在ではほとんど意味を成しませんが…。


故に バランスポイントは スチールの方がグッと先端寄りで

(先端を0、エンド~グリップ側を100とすると)

グラファイトシャフトの平均的なBP 52~54 に対し

スチールシャフトのそれは 48位になっており、

同じ長さ/同じヘッド重量 のクラブを組んだ場合、

 数値上 グラファイトシャフトの方が スイングウエイトは大きく出ます。

 その差は10~15g分位 あります。


昔からよく言われる 「グラファイトの方が飛ぶ」 のは

シャフトの素材のせいではなく、

👉重いヘッドが装着されているから なのです。


ですので 市販のユーティリティなど、

市販状態でグラファイト素材のシャフトが付いているモノを

スチールシャフトに変更する場合、

 同じ長さでは作れないことが殆どです。

(スイングウエイトなどを無視する場合は可能です)

ウッドなどをスチール化する場合

 数値上、同じバランスポイントにすると仮定すると

グラファイト ⇒ 45インチのモノ

スチール化 ⇒ 43.5~43.75 まで 短くなります。


これも蛇足ですが、

数値上のスイングウエイト(C-8とかD-0)は

シャフトの重さではなく、シャフトのバランスポイントの方が

圧倒的に効く、作用します。

同じシャフトのBP、 同じヘッド重量、 同じ長さ であれば

シャフトの重さを 40g ⇒ 80g 倍、3倍にしても

スイングウエイトは 全く同じ です。

ですので スイングウエイト は その言葉の意味とは異なり、 

 人間の感じ方 を表しているモノ では無い というコトです。



従来は スチールシャフトとグラファイトシャフトでは

明確なバランスポイントの違い、暗黙の基準 が有ったので

良かったのですが、最近では

アイアンはスチールシャフトがデフォルト(基準)状態の為、

グラファイトのウッドシャフトも BPをスチールに合わせているモノ

も多数😨出現し、ひっちゃかめっちゃか状態です。


いろいろとバリエーションが増えるのは良いと思いますが、

グリップの重量にもバリエーションがあり、

シャフトの硬さやキックポイントにも明確な基準がないのに

表に出てこないBPにも 種類 が多いのは大変困ります


どんな風に困るか というと

❶バランスポイントが先端寄り ~軽いヘッド装着 のモノに

  軽いグリップを付けたモノ

❷バランスポイントが手元寄り ~重いヘッド装着 のモノに

  重いグリップが付いたモノ

この二つが 数値上、スイングウエイト 場合があるのです。

本当の意味の、実質的な意味のバランスは全く異なる!のに、です


シャフトが同じ重量であれば 総重量で判別するコトが可能ですが、

重いヘッド/グリップ - 軽いヘッド/グリップ、

 その差分、シャフトが重かった場合(総重量が同じ)では

まったく 異なる作りのクラブなのに 判別が不可能 になる訳です。


また このケースで シャフトの長さは同じ、

シャフトの硬さ ~振動数上数値が同じ であると

 軽いヘッド装着のクラブの方が 実質、シャフトは柔らかい のですが、

それは 長さは分かるにしても、

 おおよそのヘッド重量が分らないと判別不可能です。


同じバックに入る

●ドライバー

●フェアウェイウッド

●ユーティリティ

●アイアン

●ウエッジ

これらの中に 上記の ❶と❷が混載されている可能性があっても

その数値が読み取れなくなります。



スイングウエイトの数値は同じでも

実質、ヘッド重量が10g差があったら どうでしょう?

 同じ感じに振れるでしょう?

10g は 数値としては小さいように感じますが、

長い棒の先端、一番移動量の多い先端部分の10gの違いは

かなり大きいです。

一般的に 売られている 後付けの 鉛-2枚分の違い です。


1回打って 鉛を10g貼り、次は剥がして

を交互にやったら どっちが良いのか、悪いのか

スイングが悪いのか、タイミングが悪いのか

どっちが合ってるのか 訳分からなくなると思いませんか?


キックポイントなど曖昧な違い

総じて しなりの少ない硬いシャフトを使っている人が

圧倒的に多い この状態では

その 10g分、ヘッド重量が異なってしまう

バランスポイントの方が ショットにもスイングにも大きく作用します。

しかも それが あまり話題、

 クラブ選びの基準にもなっていないのです。


なんだかなぁ。。。 って思います。

6回の閲覧0件のコメント