悶絶?ゴルフクラブのご案内

アイアンで説明しましょう。


現在 市販されているアイアンのシャフト(軽量スチール)

平均的な硬さは 5番アイアン(38インチ相当)で

SR表記 290cpm です。

(一分間に290回振動するという意味)


Sシャフト SRシャフト Rシャフト

の際は 10cpm程度です。


この 290cpm という硬さに

240g程度 のヘッドが装着されています。


弊社の悶絶…と呼ばれるアイアンのシャフト(グラファイト)の

硬さは何種類かありますが(5番アイアン)

 ❶ 180cpm

 ❷ 160cpm

 ❸ 140cpm


市販のモノから比べると 100cpmマイナスですから

XXXSXSRAR

トリプルXシャフトとレディースシャフト程度の違いです。


このシャフトに 弊社オリジナルのニューモデルヘッド

軟鉄鍛造 HBS-16 が装着されています。

ヘッド重量は 320g(5番アイアン) です。


ウエッヂでのヘッド重量は

市販品   290g

HBS-16  380g です。


トリプルXのシャフトの80g軽いヘッドが付いていて

レディース相当のシャフトに80g重いヘッドが付いている

そんな感じです。

なんだか 反対の方が良いような気もしますよね…


 ❶ 180cpm

 ❷ 160cpm

 ❸ 140cpm


シャフトの硬さで言うと

❶の振動数 180cpm程度のモノであれば

ヘッドを振る スイングの弧を回転ではなく、

手さばきで作るスイングでもすぐに慣れて打てるようになります。

ヘッド重量の恩恵は大きく、

今までよりもずっと軽く振って同じ距離を打てます。


柔らかいシャフト/重いヘッドの一番の特徴は

とても体に優しいこと です。


弊社を訪れる多くのお客様は

市販品を長く使ってきて、どこかしら体の痛み

体の故障を持っていて、悩んでおられます。

柔らかいシャフト/重いヘッドのクラブは

その悩みを ほぼ100%解消します。


重いヘッドの特徴は やはり慣性モーメントが高いので

ミスヒットやラフ・バンカーなどに強いことです。

特にウエッヂではそれが顕著です。

バンカーショットで言うと

柔らかいシャフト/重いヘッドのウエッヂでは

バンカーは簡単です。

逆に市販品では悩むのは当然かと…。


 ❶ 180cpm

 ❷ 160cpm

 ❸ 140cpm


振動数❷160cpm位 からは

クラブの扱い方を考えるスペックです。

運動性能が高く、練習も豊富な方は今まで通りで大丈夫ですが、

目の前の結果よりも クラブの扱い方を変えていく

シャフトの使い方やヘッドの重さの使い方を変えていく

スイングを変えていく という趣向がより強くなります。


振動数❸140cpm このクラスになってくると

従来通りの ヘッドを振る扱い方では

上がるだけ・スライス・飛ばない・ダフり を

連発することでしょう。

体の回転通りに軌道を造ることを強要します。

ステップアップして慣れた方は別ですが、

ファーストトライであれば

 スイング改造を主眼に置いたスペック です。

正しく扱うと成果もはっきり出ますが、ダメ出しも厳しいです。

ヘッドの重さもありますし、体で打ちますから

従来感じていた インパクト感・打感 はありません。


曖昧な表現ですが、従来の 6~7割の力加減

振り加減で従来通りの距離を打てるようになれます。


言いにくいことではありますが、

同じ熱意を練習やレッ〇ンにかけるよりも

遥かにはっきりとした効果があります。




      ご検討下さいませ 店主

5回の閲覧0件のコメント