柔らかいシャフトの恩恵

ゴルフクラブは テニスラケットや野球のバットと異なり 微妙な量 L型の構造をしています。

また機種や種類によって その微妙な量は異なり、 ゴルフ用語的には 重心距離や重心深度などと呼ばれたりします そして それがそのクラブの性格・特性の差異だったりします。 握っている棒とヘッドの重心~重量の中心点 との差異は 2センチ~5センチ と色々あります。 しかし 本来 ヘッドに適切な重量があり、 使う人にとって ちゃんとしなる、柔らかさのシャフトを 使っていれば その差異 重心距離や重心深度などは 問題ないのです。 静止状態ではその差異はあっても 運動状態では 重量は一直線上に揃う特性がありますから 自動的にそれは消され 打ち手は その差異を気にせず 棒そのもので打てば そこに打点 重心位置が来るようになっています。 ですので ヘッドの大きなドライバーと 本当はお勧めできませんが、 重心距離が大きく異なるアイアンと併用しても 自動的に その差異は自動的に解消されるようになっています。  ✋✋✋シャフトが柔らかければ…ですが。 セット間に重心距離が違いが少ないものを使う方がよい・・・ のは 打ち手が感じるクラブの重さが 超重心距離や深重心深度のモノ方が重く感じるためで クラブの短いモノの方が 軽く感じるのはあまり良いことではありません。 シャフトの硬さ・柔らかさが適切であれば そのズレ 重心位置や重心深度のずれを無視して 棒の延長線上で打てば良いのです。  本当は。です。 しかし しならないモノを使う場合 打撃するのに そのズレを計算しておかなくてはなりません。 機種による差もですし、 アプローチなどでは その動かすスピードによってもです。 ですので フルショットでは大丈夫でも ハーフショットのアプローチなどで そのずれがより発生し辛いので シャンク が出たりします。 ✊スピードが高ければ 十分なトゥダウンが得られます そして ゴルフクラブの構造のすごい所は  シャフトにしっかりした剛性がある限り シャフトがいくら柔らかくても そのトゥダウンは その重心位置のズレ分しか起こらない のです。 機種による違いなどを全部飲み込むことの出来る  そのシャフト本体の機能/シャフトの柔らかさ は ゴルフをかなり簡単にできます。 オートマチックに 打点が同じところに来る しかも それは重心位置 という ゴルフ用語でいう ヘッドの芯 なのですから。 それを利用としない打ち方では 常時 そのズレ/差異を意識しておかねばならず かなり複雑になります。 また ヘッドを返すような打ち方では そのずれを解消するような シャフトの動きになりません。 逆に 重心位置・重心位置の数値的なズレ以上に ズレを考慮しておかねばならなくなります。  そのオートマチックの機能を消す、しならないシャフトを わざわざしならせ、ねじって使うのはいったい何のためなのでしょう?

5回の閲覧
 

046-804-1480

©2020 by ハミングバードスポルテ。Wix.com で作成されました。