柔らかいシャフト 重いヘッド

ドライバーですと

45インチ基準で シャフトの硬さ₍振動数 240cpm

 これに ヘッド重量が190g のモノが装着され

悶絶クラブですと 45インチ相当にすると 140pm

 と100cpm柔らかいものに ヘッド重量 230g

が装着されているのですから

 その柔らかさとヘッドの重さは比較しようがないほど

 大きな差でしょう。



数値で書いていますが

 かなり苦労して探しても

 45インチで 振動数200cpmを切るモノもほとんどありませんし

 ヘッド重量 230gは鉛では補いきれず 存在しません。




ドライバーでスイングを作るというのは ちと非現実ですが

シャフトの本当の性能 となると 振動数170cpm は下回らないと

どれもこれも ただの棒 ですので

シャフトの使い方を覚えたくとも 機能のない棒ですから 無理かも…。


しならない棒を 無意味にしならせて しなり戻して

希望のロフトで毎回打つなんてことにトライするなら

元々 しなる棒を使う方が合理的だと思いますがねー。

シャフトをしならして しなり戻して使う限り

 飛ばすのに速く振る と 安定させる は生涯相反する関係なのでは?


 まあ 正直 この手のクラブ(柔らかい・重いヘッド)が合わない人もいます。

👉合わないというよりも好まない人が正解かな…。

 いますが、悶絶クラブを使って 体は傷める人は皆無。

 市販のクラブで体を傷め、腰や肘などを傷めた人を 

 例外なく全員助けてきたのは大袈裟ではなく、事実です。


飛ばせるクラブというよりも

希望の距離を今までの 半分・・・は明らかにオーバーですが

6割とか7割の力感で打てるようになりますから

当然 安定度も高く、体も痛めなくなりますよね。


あとは 柔らかいシャフト・重いヘッドの効果は

フェアウェイウッドが苦手な人

バンカーショットが苦手な人

アプローチが苦手な人の改善に

ものすごく有効です。


嫌いだったフェアウェイウッドが好きになりますよ。

打ち比べてみると分かりますが

アプローチ、特にバンカーショットに関しては

正直 市販のシャフトの硬さ・ヘッドの軽さ では拷問

嫌いに、苦手にならない方がおかしい と言えるほど酷い。


バンカーショットでの最大の問題は足場です。

軽いヘッド、硬いシャフトでは

大きく 強く 速く振らなくてはなりません。

基礎体力というのは足腰に一番出ます。

まして体重の軽い女性には 大きく強く速く振らなくては出ない

サンドウエッヂは残酷な代物・・・。



のちのち その一本が影響して 波及してしまう

というコトは 往々にしてありますが(大歓迎ですが(^_-)-☆

せめて バンカー用の悶絶クラブ一本あるだけでも

ゴルフの楽しさは全然変わります。

10回の閲覧0件のコメント