硬いの? 柔らかいの? どっちなの? ゴルフクラブ診断

市販のクラブを長らく使っている方 の…

特に ハードのスペックを使われている方に多いですが…

 割合は分かりませんが、かなり多く…

 クラブ診断をすると けっこう頻繁に…

訪れる ビックリ😲事実 があります。




シャフトの硬さを表す 一つの目安に

振動数 というのがあります。

一分間に何回振動/運動するか を表す表記で

 例;200cpm ……一分間に200回運動する

👈👈👈こんな感じの計測器で

それぞれのクラブの硬さを計測します。


通常 2021年の(メーカーや機種によってかなり違いますが…)

Rシャフト の平均値は 220~230cpm(ドライバー)

SRシャフトは それよりも 10cpm 数値の大きい 230~240cpm

Sシャフトは 更に10cpm 数値の大きい 240~250cpm


メーカーや機種、製品誤差はありますが、

一個上、一個下 の「硬さ/柔らかさ」は 10cpm程度の違い です。


👉硬くなる程 振動数の数値は大きく

柔らかくなる程 振動数の数値は小さくなっていきます。



ですので 数字上の一般論ですが、

220cpm の Rシャフトを打った直後に

240cpm の Sシャフトを打てば

好き嫌いは別にして 硬く感じる筈✋ですし

その逆の

240cpm の Sシャフトを打った直後に

220cpm の Rシャフトを打てば

同じく 好き嫌いは別として 柔らかく感じる筈✋・・・・ですよね⁈



 と ・ こ ・ ろ が

これを 逆に感じる方 にかなり頻繁に遭遇します。


硬く感じるか、柔らかく感じるか は

それぞれの方に感覚的な基準があると思うので

良い悪い の問題では無いと思うのですが、

性能上の硬さと反対に感じる方の

 殆ど…多く…ほぼ全員と言ってよい程

硬いシャフト、

 あきらかに 体力や年齢からみて オーバースペック

 を使っている、選んでいる傾向にあります。


なんだか 頭がこんがらがりそうなのですが…

オーバースペックを使っている…

硬いシャフトを使っている…のに

柔らかい方のシャフトを硬く感じる❓ よく判りません。


 まるで 「僕は嘘つきだよ」と言った人の言葉を

 額面通り受け取るのか、嘘つきだから反対なのか…

 パラドックスに陥りそうです。


弊社の悶絶クラブ並みの柔らかさ になると

見た目や持った感想が

 先に観念として 植え付けられてしまうので

 そういうことは 起こらないのですが、

見た目では判別がつかない硬さのシャフト だと

 硬さを告げず 体力相応の「柔らかさ」のシャフトを

 打った頂くと 「硬い」と言い、

 性能上、遥かに硬い オーバースペックなモノを

 「柔らかい」と感じているようです。


そういう傾向の強いお客様は

 大概 『自分で』クラブ、硬さを選んでおり、

 同時に からだのどこかにゴルフによる故障を抱えています。


自分の好きなクラブを選ぶ 自分の好きなクラブでプレイする、

 のもゴルフの楽しみ ではありますが、

そのせい で からだの故障を抱えたり、

クラブの性能を「殺しかねない」クラブ扱いをせざるを得なかったり、、、


クラブに頼りたい年齢に到達した時や

体の痛みを抱えたり、持病を持ったりした時に

  困るのではないか…と危惧する毎日です。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示