top of page

軟鉄鍛造 HBS-16 弊社『オリジナル』アイアンヘッド



弊社オリジナル アイアンヘッドのご紹介です


軟鉄鍛造 HBS-16

 ➟従来のモノからさらに20g増量

 ➟市販のアイアンヘッドよりも約100g重い(^_-)-☆


 初期ロフト角度 ヘッド重量(重量版/軽量版)

#5 26度 325//310g

 6 29  333//318

 7 32  341//326

 8 36  349//334

 9 40  357//342

PW 45  365//350

PS 50  373//360

SW 55  381//370


〇5番アイアンのスペック

 重心距離  38.2mm

 重心高   20.3mm

 重心深度   6.7mm

 重心角度  10.7

 ソール幅  26mm


今回のアイアンの特徴は勿論重い重い重いヘッドですが、

キャビティ部NC加工によって

従来のアイアンでは ロフトが大きくなる程

重心距離が極端に短くなる というのを抑制し

下になっても重心距離が短くならない という設計を採用。

(ロフトが大きくなっても左に行き難い)

(ロフトの立っているものは右に行き難い)

重心深度においても

ベースはかなり深い重心で

ロフトが増えるに従って

フェース面の肉(板)厚を変え、重心の深くなり過ぎを抑制

 手前味噌ですが、最近のアイアンは ほぼCAD設計ですので

 こういう 手の込んだものは絶滅しています。


ヘッド重量もあるので

 アイアンとは思えない慣性モーメントを持っています

(アイアンヘッドにはルール設定が無いので😄😄😄)


重量も近づき、よりL型ブリストルに近づいたアイアンヘッドです

閲覧数:12回0件のコメント

Comentários


記事: Blog2_Post
bottom of page