☆進化版L型ブリストルパター☆

進化版L型ブリストルパター…ですが 最大の特徴は やはり『ヘッド重量』でしょう。  進化版は480gあります。

現代の多くの人が手にしている パターヘッドの重量は  290g~320g  👉1.5倍の重さがあります。 場合によっては パターそのもの、 パター全部の総重量よりも このブリストルパターのヘッドの方が重い と言う場合も少なくありません。 その恩恵ははかり知れません。 ✊重さばかりでなく色々と恩恵有ります。 このパターを少なくない人が手にしたら  ルールの規制がかかる可能性が否めないほどです。 笑い話…ですが キャディさんの付くコースでは キャディさんに グリップから渡さないようにしてください。 かなりの確率で落とします。 ヘッドから渡してあげてください。 ①小さな・ゆっくりしたストロークでボールが飛びます。  今までのタッチでは グリーンから出てしまうほど です。  小さな ゆっくりしたストロークの方がミスが減るのは  …分かりますよね。  飛びますが 下りや速いグリーンにも異様に強いです。  このパターに得手不得手は無いかも知れません。  正直、ほぼインチキです。  ✋ルールに反している部分は何一つありません。  というか ルールがこれを想定してないよう…ですね。 ②ボールの転がりが全く異なります。  遅く転がりますが遠くまで転がります。  👉同伴競技者の距離感が狂います  この地面に沿って舐めるような『転がり』は  このパター以外で実現することは不可能かもしれません。  ✋また 異様に直進性が良いので  今までの曲がり幅半分以下  ショートパッティングなら ほぼカップの中で良いでしょう。  曲がらないパター…想像できないでしょうね。

③絶対にイップスになりません。(なれません)  多くの人は考えたこともなかったと思いますが  パターだけでなく、ショットも 当たり前なのですが  グリップを動かさないと ヘッドが動きません。  ヘッドが軽いパターに比べ  格段にグリップの初動、動き出しがし易く  逆に比較すると最も分かり易い部分と言えます。  軽い一般的なパターであると  ヘッドが軽いので ヘッドは動かせますが、グリップが動かせません。  ここがイップスの始まりです。 ④嫌いになれない形状をしています。  正直 超~~オーソドックスな形状で  このパターの形を「嫌い!」と言う人はそうそう居ないと思います。  流行に全く左右されず 生涯使うことが可能です  全く癖がなく、とても引きやすいヘッド形状をしています。  ✊最近のガンダムチックな奇妙奇天烈なモノになれた人には  逆に違和感があるかも・・・ですが、  その意味不明な機能もどきの形状は  引くこと、動かすコトのガイドには微塵もならず  逆に動かす方向や指針がまるでないのです。

⑤ストロークを教えてくれます。  装着されるシャフト(お薦め)は  一般的にパターのシャフトの 1/2~1/3位の硬さ です。  振動数で言うと 350cpm → 170~140cpm  テークバックの始動がし易く ←市販品に欠けています  切り返してくると シャフトがグリップを軽ーく押すので  本当にパターが簡単になります。  ✋ヘッド重量が、 そしてシャフトがグリップを押してくれるという  今までに体験したことのないショット・ストロークを味わえま(^_-)-☆

カテゴリなしの他の記事

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示