進化版L型ブリストルパターのシャフト…について

L型ブリストルパター(進化版)についての 多くのお問い合わせを頂き、ありがとうございます。 シャフトについて 尋ねられることがあるので それについて書いてみます。 パターに限りませんが、 シャフトの素材の スチールとグラファイト(カーボン) この二つには実は何の違いもない と言えます。 割と固定観念が強い のか パターやウエッヂなどは 重量が重くなるスチールの方が良い と考えている人がいますが それは全くの誤解です。 スチールシャフトは鉄(合金)の鋼材を巻いたただの筒です。 それが何か特別な性能を持っている訳ではなく 単一素材であるがゆえに 太さの変化(俗に言うテーパー度合) と ステップでしか 特徴を作ることが出来ません。 スチールシャフトの一番の利点は  工業製品として安定して同じものが得られる という部分にしかないと言い切れるほどです。 重量の関して…ですが その前に スチールの方が硬い・・・ いえ 強い と思っている人がいますが それも大きな間違いで、 繊維で構成するグラファイトの方が 圧倒的に強く(何倍もの強度)作ることが出来ます。 また 繊維で構成するため 負荷のかかる方向にも特性を持たせることが出来ます。 最近では悲しいことに、作る側のコストの都合 優先で 作られているグラファイトが多いので 言いにくいことではありますが、 本来 グラファイトは形状、テーパーの付け方、重量、 使う繊維やシートの構成 シャフトそのもの重量配分など 無限な組み合わせが可能ですから、 圧倒的に機能性は充実している筈。。。なんです。


グラファイトシャフトの方が軽いものが多いのは 技術的に「それが作れる」から、であるのと 平均的なスチール並みの重量のグラファイトシャフトを作ると 強すぎて、硬すぎて、いいところが出てこない ことです。 パターだけに限りませんが グラファイトシャフト装着のクラブの最も大きな利点は 同じバランス=スイングウエイト とすると スチールシャフト装着のそれに比べると 20g以上重いヘッドが装着可能です。 これが アイアンなどのグラファイトの「飛ぶ」と言われる 最大の理由です。 シャフトは硬ければ硬いほど ヘッドが感じにくい、ヘッドが軽く感じられます。 50g重たいシャフトが装着されているものと 50g重たいヘッドが装着されているもの 計量器に載せれば 総重量は同じであったとしても 先端に重さのある方が クラブとしての慣性モーメント 動かした時の重量感は 格段に ヘッドの重いものの方が上 です。 これはウエッヂなどでも同じです。 ヘッドの感じ難い硬いシャフトになりがちな スチールシャフト装着のパター では その目方ほど 重量感は感じない ものです。 軽く感じる硬いシャフト装着のものに 本当に軽いヘッドが付いていて 重く感じる柔らかいシャフトのものに重いヘッドが 付いているんですから、随分と差がありますよね…。 これも神話というか 都市伝説に近いですが 重い(スチール)シャフトの方が スイング/ストロークが 安定する なんて言われますが、 その手の話を豪語するゴルファーは 練習量も豊富で、運動性能も高い方たちばかりです。セミプロ? それがないから、出来ないから悩んでいる訳ですから それを参考にするのは なんだかな って気がします。 一体だれのためにゴルフをして 誰のためのゴルフクラブなのかよく考えるべきです。 『L型ブリストルパター』特に進化版 一般的に市販のパターに比べると 約5割増しで ヘッドが重くなっています。 ➡470g以上 シャフトの硬さは それを表す振動数という数値では 一般のスチールシャフト装着のパターは 330cpm 進化版のL型ブリストルパターでは 140cpm以下 ですので、総重量では似たようなものであったとしても 持った時、動かした時の重量感の差は  …たぶん 3倍以上に感じるのではないかと思います。 持ち比べてしまうと市販のパターはオモチャのようです…。 重く感じるパター・・・ そして 小さなストローク、遅いストロークであっても 遠くまで転がる 破壊力=ヘッド重量 慣れたとき どっちが安定するか は 火を見るよりも明らか だと思うのです。 まあ 軽口ですけれど、このパターが 量産されるほど売れてしまったら 間違いなく ルールの束縛を受ける と思います。 (現時点では ゴルフのルールには何ら抵触していません) それほどの性能を持っていると自負しています。

6回の閲覧
 

046-804-1480

©2020 by ハミングバードスポルテ。Wix.com で作成されました。