間違えるなら アンダースペック

✋オーバースペック(きついクラブ)

 ~主にシャフトの硬い & ロフトがきつい 

と 

✋アンダースペック(楽なクラブ)

 ~主にシャフトの柔らかい & ロフトが緩い


ゴルフを覚える際、

スイングを練習する際、 どちらが良いか というと

圧倒的に後者 アンダースペックなクラブ です。



代表的なアンダースペックなクラブは

男性にとっての女性用クラブですが、

市販のクラブはそこに少々難点があります。

・・・シャフトは柔らかく、ロフトも大きいのですが、

 そのシャフトの柔らかさに対し、極端にヘッドが軽いので

 シャフトの柔らかさの利点が活かせません。

 ✋少なくとも 鉛など張り ⑳~㉚gは欲しいトコロ…です。


その理由は

シャフトは自分のスイング、動作を補助する役割 です。

硬いシャフトでは

主に しならせて しなり戻して使う コトを覚えるのでしょうが、

よ~~く考えると それは シャフトの役割 ではなく

 単なる自分の動作です。

どんなシャフトでも 自分の好き勝手に使う というのでは

 シャフトの助けを得られません。

長いゴルフライフの中で どのクラブを使っても同じ・・・

 と言う言葉を頻繁に耳にしますが、

まあ 例外なく オーバースペックなクラブを使ってきた人

 の定番のセリフです。



シャフトの伝達 が ヘッドの姿勢、

重心の位置を打ち手に伝え、

その重さによって グリップを動かす、

即ち クラブ自体を動かすコトが シャフトの機能 です。

それを覚えるには アンダースペックの方が良いでしょう。



また しならせる しなり戻す と言う動作は

動作を途中で変速、動作速度を途中で変える必要が出てきます。

しならせる は 加速動作 が必要です。

しなり戻す のには 減速、もしくは静止動作 が必要で、

準備である テークバックで 加速動作 をして

ダウンスイング、インパクトにかかる後半に減速、静止動作 をするのですから

それは スイングの手順からすると 反対 になるわけです。



ヘッドの重量がある程度 しっかりしていれば

ヘッドの位置やヘッド~フェースの向きなどによる違いも

感じられるようになり、スイングの位置や姿勢が把握し易くなります。



ゴルフの初期やスイングの覚える時期 に 硬いシャフトを手にすると

往々にして、深いトップ、オーバースイングになりガチ です。

シャフトが柔らかく、ヘッドの重量がしっかりしていれば

クラブを暴れさせるような テークバックは取らない でしょうから

コンパクト目のトップの位置になるでしょう。

 交互に打った時にも その効果ははっきり表れます。


また ロフト使いについても 大きな差が生まれます。

不思議…とですが、硬いシャフトスペックの方は

 キツイロフトのクラブを選びがち です。

…まあ パワーがあるので それはそうなんでしょうけど…

しかし、有り余るほどのパワーのない方が

 キツイシャフトを使う場合も 同じく ロフトはきつめです。

✋11度のSシャフトを使っている人を見つけるのは大変です。


ボールをつかまえる というコトは 『ロフトの使い方』 を指します。


厳しいロフトのクラブを上げられるようにする訓練は

 ヘッドスピードと言う点では理解出来ますが、

それを除けば わざとつかまらないように打つ につながります。


しならないシャフトを わざと しならせる👉フェースを開く

そして 閉じる という

つかまえる と言う課題の代わりに 安定性を失う段階に移行し、

 今度は つかまえながら 安定させる という

 アマチュアにとっては 夢のような難題に行き着くのです。


上がり易い、大きなロフトのクラブを

 低めに打つ というのは イコール つかまえて打つ コトにつながります。

 それは つかまえる と 安定を同時進行するコトが可能です。

スライスに悩む人は

 柔らかいシャフトで大きなロフトのクラブ で

  低い球を打つ訓練をすれば 解消し易いでしょう。



上手になると より硬いシャフトを… というのは

慣れてきて ヘッドスピードが出せるようになった という一点においては

理解出来ますが、単に腕力勝負に挑んでいる

という認識を私は抱いています。

7回の閲覧0件のコメント