L型ブリストルパターのシャフトについて

初めてのブリストルパターのシャフト

もいきなり140cpmからいっちゃおうかな?とも思っております。

おっしゃる「違反クラブ」並みの効果を体験してみたいからです。

ただ、届いて打った時に

「なんじゃこれ?使いこなせない!」とならないかという不安も拭えません。

34インチでヘッドはテフロンブラックまでは決めていますがここだけが迷っています。

初ブリストルで140cpmは冒険過ぎますかね?

背中をひと押しして頂きたくメールしました。





お返事ありがとうございます。

弊社ブログが何かの役に立ったのであれば幸いです。

 お問い合わせ…のシャフトの【硬さ/柔らかさ】の件でございますが、

一般的には パターシャフトの硬さ は 楽々300cpmを超える、

モノによっては 350cpmを超えるモノも少なくありません。

パターをデザインされる時、ヘッドは色々考えられるのだと思いますが、

他のクラブ以上に パターシャフト、特にその硬さはおざなり、

無視されている?に近いかと思います。

①オリジナルのアルミシャフト  270cpm位

②オリジナルグラファイト95g 200cpm位

③オリジナルグラファイト90g 170cpm位 

④オリジナルグラファイト70g 140cpm位

①は単に ヘッドの重いパターに過ぎず(総重量もすさまじいですが…) 除外対象ですが、

②もしくは③でも 十分楽しめ、初めて手にされる方は

ヘッドのその重さ(一般的なパターの総重量に匹敵します)と

シャフトの ブにゃんブにゃんさ に驚きます。

実際、打って頂くと やはり直進性が高く、

ゆっくりと、小さなストロークでも 伸びは格段。

まあ 物理現象(重さ対重さ)ですので 分かり易いですが…。

ある程度柔らかくなってくると

それにロフトの立ちが加わってきます。

 それは 振動数180~190cpmを境に はっきり出ます。

勿論 振動数140cpmのモノはモンスター です。

パター単体として④は 直進性、飛距離性能は ルール違反規格です。

打ち方を越えたモノ なので すぐに楽しめる と思います。

(冗談ですが、パターでのOBにご注意を)

距離性能が非常に高いので、その距離感になれる必要はあるとは思いますが、

打ち方等 あまり気にして使っていらっしゃる方は殆どいらっしゃいませんので

その点については心配される必要はないかと思います。

④であっても 打ちこなせない というコトは全くありません。保証出来るほどです。

 が、まったく問題点がない訳ではありません。

パター単品としては ④は飛びぬけた面白さ(手前味噌ですが…) だと思いますが、

アイアンやドライバーなど その他のクラブとの格差が大きくなり過ぎで

良い意味でも、悪い意味でも影響を与えます。

だいたいの場合、パターに!ではなく、他のクラブの方に影響が出ます。

パターは全くの別物と完全に割り切るか、 もしくは いずれ 他のクラブも

パターに準じたモノにしていく予定…(あくまでも予定で良いと思います)

と言う風に考えた方が良いと思います。そうであれば ④ です。

 重量が有る分、しっかりしている…ご想像通り、無難…なのは ③ です。

それでも 十二分にモンスター だと思います。

なんだか 回答にならず申し訳ないのですが…

 是非 ご検討くださいませ。

よろしくお願いいたします   野澤。


〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10

046-804-1480  ハミングバードスポルテ

hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp


9回の閲覧
 

046-804-1480

©2020 by ハミングバードスポルテ。Wix.com で作成されました。