46インチ規制、反発係数、そして飛距離

反発係数、長尺規制のルール…で思うコト なのですが、

ボールをつぶして打てる 人 にとっては

 必要以上にボールが潰れない のは 有難い のですが、

ボールをつぶして打てない人 にとっては

 あまり有難くない、もしくは 困るコト なのです。



また なんと言えば良いのか、

 ボールをつぶして打つ つぶせる は

本来、ヘッドスピードとは関係なく、

 パッティングで…とまでは言えませんが、

 距離の短いグリーン周りのアプローチでも

 ボールをつぶす(つかまえる)ことは可能なのです。



そして

 これもまた奥深く、楽しく、ややこしい部分 ですが、

①ボールをつぶして(つかまえて)打つ は

 使っている そのクラブのロフトなりに が筋なのです。

 そのロフトで そのロフトなりに 正当にボールをつぶす(つかまえる)


②立ったロフトのクラブを使えば

 その疑似体験は可能です。あくまでも疑似体験です。

 7番アイアンでそのロフトなりに潰せないのであれば

 6番や5番を使えば

 7番で潰せるのと 同じ球は 打つコトが可能です。

 ですので コト潰す(つかまえる)というコトに関しては

 ロフトの一番立った ドライバーが一番簡単なのです。

 ドライバーの 10度のロフトであれば

 放っておいても ボールは潰し易い のです。

…というコトですので つかまえる、つぶす と

 フック、スライスは別なモノ だというコトです。

…実はここが一番分かり難い部分かも知れません。


➂ちゃんとつぶせなく(つかまえる)とも

 ヘッドスピードが高ければ やはり疑似体験出来ます。

…ほとんどの人が ココを目指している可能性高し

 例えば…ですが、

 同じクラブ、同じ条件で

 つかまえられる ヘッドスピード37m/s の人と

 つかまえられない H/S 40m/s の人 が

 同じ距離であったりします。


②と➂の人にとって

反発係数の数値 0.83や0.86 の数値の効果、

差は出難くなります。

反発係数の高いものにしても 飛ぶ とは言えないのです。



長尺も違う原理ですが、同じです。

長尺は その長さによって ヘッドスピードが上がるコト

 が主たる 飛距離アップの要因 ではありません。

①そのクラブのロフトが適切に使えるコト

②そのクラブの長さが適切に使えるコト

が 前提で 長尺、それに適した『少ない』ロフト

 で初めて効果を発揮する訳です。


長尺 → ヘッドスピードアップ と考えている人の

そのクラブの円弧、長さなりの円弧 は

アドレス状態に近い、最大の円弧、

大きければ大きい程良い に近い発想かも、です。

そう考えて 長尺(44インチ以上)のドライバーを振ると

長尺により 計算上上がるであろうヘッドスピードよりも

長いことによって 負荷が増える、重くなる分が上回り、

 数値として ヘッドスピードが上がりません。


また 長尺の効果は 少ないロフトでも上げられる、

 その回転数でも浮遊させられる、適切な入射角度 

 別な言い方をすれば 長さによって入射角度が変わる

 クラブの扱い方が必要だ、というコトです。


 長尺 = ヘッドスピードアップ

 円弧は大きい程良い と考えるタイプは

 クラブを短くして インパクトに入ってこないので

 ウッドなどの長物になると

 長さによる 入射角度の差が無くなってしまいます。

 それでは 更なる長尺にしても 入射角度に変化が生まれず

 少ないロフト、それを活かせる入射角度を作り出せない のです。

…✋おそらく…ですが、

 高反発にしても…

 長尺にしても…

 その効果の出なかった、得られなかった方は

 結構いるんじゃないのかなぁ…と思います。

 反発係数が高いと......長尺にする......と飛ぶ は

 まじないでも、魔法でもなく、

 そんなに難しくない科学的、物理的な根拠があります。


 その根拠が理解する、その仕組みを知る が

 スイングを構築する大きい要素 かも知れません🤒

5回の閲覧0件のコメント