460TL-3.jpg

超重ヘッドのドライバー

超重たいヘッドのドライバー を作る理由として
勿論、『飛距離アップ』そして体に痛みのないスイング創り 
がありますが、それとともに扱い易い長さ(短さ)にする目的もあります

460TL-5-1.jpg

短尺にしても飛ぶドライバー

重くて飛んで、短くて扱い易い、

ヘッド重量のモーメントも高く、

出来るだけ大きなロフトを採用するコトで

ミスに対する寛容性も高い

 
80549998.jpg

​オリジナルデザインもあり

超低重心モデル

今どき あまり例を見ない低重心設計
出来るだけ大きめのロフトで
ロフト角度  10/11/12度
超低スピンモデル GR-14
重心率 52~53%
ヘッド体積 453㏄
ヘッド重量  240~260g
重心距離  38.6mm
重心深度  37.1mm
ヘッド高  64mm
重心高   33/31mm
重心角度  22度
慣性モーメント  5340g㎝2

 

【SYB】 EZ-05 ドライバーヘッド

「CENTER BACK WEIGHT」
ソールセンターの後方部に約15gのウェイトを配置することにより、低深重心化を実現。最適な打ち出し角とスピン量を得られます。
「BRIDGE GROOVE」
ソール前面に溝を設け、打撃時の撓みを作り反発性能を向上することを実現。さらにエネルギーロスを防ぐため、溝内に5個のリブを設けボールに最大限のパワーが伝わる設計になっています。
「可変ホーゼル」
可変ホーゼルを採用し、ロフト・ライ・フェースアングルを調整することが可能となっています。

EG05_02_edited.png
 
EG05_03.png
EG05_02.png
EG05_05.png

「BRIDGE GROOVE」
ソール前面に溝を設け、打撃時の撓みを作り反発性能を向上することを実現。さらにエネルギーロスを防ぐため、溝内に5個のリブを設けボールに最大限のパワーが伝わる設計になっています。

「可変ホーゼル」
可変ホーゼルを採用し、ロフト・ライ・フェースアングルを調整することが可能となっています。

「CENTER BACK WEIGHT」
ソールセンターの後方部に約15gのウェイトを配置することにより、低深重心化を実現。最適な打ち出し角とスピン量を得られます。

 
 
445TL-6_00_edited.jpg

ミステリー CF-455 tour-limited

​飛ばしに特化した 重心構造

重心をやや低め、浅めに設定し スピンを大幅に抑制するタイプ
長過ぎず 叩けて安定する重心距離

 
445TL-2.jpg

体積 445㏄

セミディープ形状

445TL-4.jpg

重心距離 38.8㎜

安定と叩ける重心距離

445TL-1.jpg

重心深度 34.5㎜

深過ぎず 浅めの重心

445TL-5-1.jpg

重心高 35/26㎜ …重心率57%

重心を低めの抑え
飛距離重視

31954726.jpg

​GR-14

​​ 超低重心設計オリジナルヘッド

 
rad-04-driver.jpg

​ベガ RAD-04

チタンドライバー

日本ではあまり取扱店の無いモデル
知られていないけれど 軟鉄鍛造の老舗メーカー 共栄ゴルフの兄弟店

 

ミステリー CF-455tour

​非常に安定度の高いタイプ

455TOUR_02.jpg
 
rad-04-driver4.jpg

​​ベガ RAD-04

​棒球系ドライバー

体積 460㏄
形状 セミディープ
ロフト角度 9/10.5/12/14
重心距離 40.8mm
重心高  35/29mm
重心深度 37.6mm

 
IMG_0340.JPG

ミステリー CF-455tour

ヘッド体積 455㏄

素材/製法:フェイス/DAT55G 精密鍛造(レーザーミーリング加工)

ボディー/6-4チタン精密鋳造

ロフト角度 8/9/9.5/10/10.5/11/12/13

重心距離  40mm

​重心角度  21