よくあるクラブの構成 のお話し

最近の 市販のセットのデータ を取っていくと 平均して  1W 45インチ 振動数 240cpm  5I 38インチ 振動数 290cpm こんな感じです。 ブログに書いてよいかは微妙なところですが、 数を売らなくてはならない大手メーカーは シャフトがある程度柔らかくないと飛ばないことは 分かっていますので 『飛ばし』がメインテーマになる ドライバーは硬く出来ません。 日本の平均的なゴルファーに 振動数 270cpm のドライバーを渡せば ハッキリと距離が落ちるでしょう。 しかし アイアンは距離重視ではありませんし、 販売本数がそこそこ多いので 販売単価を重視することになります。 価格が高くなり易い本数ですので、 単価を抑えなくては見向きもされませんから  廉価なスチールシャフトを装着せずにはいられません。 アイアンセットの場合は 買い替えたことによって良くなる、飛ぶようになる というよりも 「買い替えたことそのもの」 商品価値になる のがアイアンセットです。 で 始めのデータに戻りますが、  1W 45インチ 振動数 240cpm  5I 38インチ 振動数 290cpm このデータでは ドライバーとアイアンが噛んでいません。 ドライバーに対し、アイアンが2~3スペック硬く しかも スチールシャフトのアイアンの方が 軽いヘッドが装着されているので その差は スペック以上のものになります。 硬くて短く、ヘッドの小さいアイアンの方が軽いヘッドで 柔らかくて長く、ヘッドの大きいドライバーの方が重いヘッド コースへ行けば このクラブを交互交互に使うのです。 日本のゴルファーの 9割近くがこのセッティングです。 この構成であれば ドライバーが良い時は アイアンはトップ気味、引っ掛け気味の可能性が高く、 アイアンが良い時は ドライバーがダフリ気味、プッシュ/スライス気味になり易く 双方、疲れてくるラウンド後半にその傾向は強くなります。

一般的なドライバーで 表示の R や SR、Sに関係なく 45インチ/振動数240cpm前後であれば 共通する硬さの 5番アイアンは 振動数 260cpm台 です。 逆にアイアンに合わせるのならば #5-38インチ/振動数290cpm前後 に合わせるドライバーは 振動数270cpm前後 です。 シャフトの硬さが違えば タイミングは当然、異なります。



コースで ウエッジも含めたアイアン、

そして ドライバーは 必ず一球交互に打つのです。


アイアンはドライバーを上手く打たせるため、

コースで要らぬミスを生まないための

一条件、環境の一つ と考え、

逆にドライバーはアイアンを上手く打たせるため、

コースで要らぬミスを生まないための

環境の一つ と考えて、

ゴルフクラブを選ぶを良いと思います。

19回の閲覧
 

046-804-1480

©2020 by ハミングバードスポルテ。Wix.com で作成されました。