top of page

パターのデータ比較② 一般的なマレットパターの重心高

店長「パターの場合、重心深度と共に

 気になるのが 重心高、高さ です。」


質問「最近のマレットタイプは さぞ低いでしょうね。」


店長「まずは 画像でご覧ください。 

 昨日の順通り 行きます。

①L型ブリストル  471.2g

②ピン型デール9  517.2g

➂ベティナルディ360 355.2g

④テイラーメイド TPA18  320.9g

⑤スコッティキャメロン#9 デルマー  353.9g

➅オデッセイ ホワイトホット #7  352.0g

 

一般的なマレットタイプだけが異質と言って良いでしょうね。」


質問「想像以上に低いですね。」


店長「ボールが芝に沈んでいない と言う設定で

 比較してみましたけど…


 重心高さの数値はこんな感じです。

①L型ブリストル  22.7㎜

②ピン型デール9  21.5㎜

➂ベティナルディ360 17.5㎜

④テイラーメイド TPA18  16.7㎜

⑤スコッティキャメロン#9 デルマー  18.1㎜

➅オデッセイ ホワイトホット #7  11.6㎜


 弊社の二機種 ブリストルとデール9は

 意図的ですが、重心は高いですね。


 ストロークするのに ある程度、

 ヘッドは空中を進むんですが…。


 こういう経験あると思うんですね。

 パターでは無いですけれど

 ショートホールで アイアンをティーアップして

 フェースの上の方、

 この場合で言うと 重心よりも高い位置に当たった時、

 ポコーンと弱々しい球になって

 飛距離も飛ばない。


 ボールのセンター だいたい赤道を打つとして

〇重心で当たるのと

〇重心の下側で当たる、

〇重心の上側で当たる、

 は同じ球、弾道、同じ距離になりません。


 ボールを転がすパターの場合も

 重心の上側で当たってしまうのは

 当然 重心で当たるよりも とばない、

 弱い球になります。


 ごく一般的なパターの場合、

 コイン(10円玉)3枚位の高さ位(約5㎜)で

 ヘッドが移動すると 重心とボールの赤道は揃います。

 低重心のマレット、今回、実験で使った

 ➅オデッセィ ホワイトホット #7 だと

 重心で当てるには 10円玉 7枚分、

 1.2㎝も高いトコロを振らなくてはならない。

 これって 距離合い難いんじゃないですかね…。」


質問「パターストロークで

 ヘッドをどの高さで通すか、なんて

 考えてみたこともないですよ…。」


店長「ですよね。

 でも 普通にしてたら

 重心の上に当たって ポッコンとした球になる可能性がある、

 なので マレットの重心の低いパターって

 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す コトも大事なのかも知れないけれど

 ヘッドの通す高さも一律にするように

 しておかないとイケナイ んじゃないですかね。


 だって 距離感と距離が毎回バラバラになっちゃいますよ。

 その可能性は非常に高いと思うんです。」

閲覧数:10回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page