top of page

パーシモン(木製)時代のドライバーのお話し

店長「コメントにもありましたが、

 パーシモン…ドライバーやフェアウェイウッドの材質が

 言葉通り、そのまんま ウッド・木製だった時代

 特にシャフトがスチール時代

 江戸時代? っていうほど 昔の感覚だけど、

 パーシモンって

 反発係数が強烈、高い😫」


質問「え😧 反発係数 高いんですか❓

 チタンは硬い

 パーシモンは柔らかい

 …から 弾かないんじゃないの❓」


店長「まあ 反発 って言葉で言うとそうだけど

 アレは インピーダンス理論 で

 衝突する二つの物体のヤング率、歪み率が近いと

 双方が変形し難い、

 ゴルフで言うと ボールも変形し難い、

 ヘッドの歪みが少ないと その分、ボールは沢山歪み、

 ヘッドの歪みが多いと ボールの変形は少なく済む、

 と言う科学的なモノで


 パーシモン製ヘッドは歪むから ボールが変形しない、

 変形しないので スピンが入らない、入り難い、

 ボールの初速は出るけど、回転足らずになっちゃう

 そういうことなのね。

だから パーシモンのドライバーの

 平均的なロフトは 12° 位

 10°とかを使えるのは プロの中でも

 かなりのマッチョな 力持ちの人だけ だった。


 そして パーシモン時代と今の時代の最大の違い は

 パーシモン時代は ゴルフクラブヘッドのその形状の

 フェースの向きとロフト角度

 は 非常に近しい関係のモノで、

 両方をまぜこぜにして使う必要があったのよね。

 そうじゃないと ボールに必要十分な回転が入りきらない から


 今は フェースの向きはフェースの向き、

 ロフト角度はロフト角度、って別で利用出来るコト。


 分かり難い、イメージし難いんだと思うけど

 ロフトじゃなくて フェースを少し開いた分、

 位の プラスアルファ―のロフト増加 の状態で

 かつ しっかり入射をとって 入れてこないと

 ボールが空中を飛んでくれない。

 ボールが空中浮遊の時間が取れない。

 アタックアングルが無いと ボールが浮かない。


 パーシモンはボールがつぶれにくいのに

 球離れは遅い…どの位遅いかは忘れちゃったけど…

 その球離れの時間の間に フェースを閉じない と


 回転は入るけど どどどどどスライスになっちゃう。


 ボールがフェースをスライド、

 ハイドロプレーン現象みたいに

 ボールがつぶれず スキッドしている刹那の時間の間に

 フェースを閉じないとイケナイ。

 と言う 超絶技巧の遊びだった のよね。


 だから 普通のアマチュアは

〇開いて入れて来る ⇔ 上から入れられない

〇上から入る ⇔ ボールが上がらない

〇ボールを上げようとする ⇔ スライスしか出ない

 と言う無限ループの中に 囚われちゃうので


 結構、チカラのある人であっても

 キャリー170yd 行くか、行かないか、

 スライスしないで ボールが宙を飛ぶ だけ で

 📯📯拍手喝さい👏👏のスポーツ だったのよね


 12°以上のロフト & 43in以下のモノが

 ドライバー ドライビングクラブ なんだから

 そりゃあ そうなるのよね❓」


質問「まあ 確かに…。」


店長「昔は フェースの向きもロフトの一部、

 数ミリ程度の出し入れが必要な遊び。


 それと比べると 今は遥かに簡単。

 欲さえなければ、ね😌



 放っておいても ボールは浮くし、

 ボールを浮かせるのと スライスは関係ないし

 必要以上にアタックしなければいけない アタックアングルを

 意識する必要もない。


 昔は 命を懸けた争い だった 刀の世界 が

 今は楽しいスポーツになった剣道…ッテ位

 の差はあるんじゃないかな🙄


 ホンの50年位前の話し だけどね😌」

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page