進化版 L型ブリストルパター




店主の依頼を受け、コースで進化版ブリストルパター テスト飛行をして参りました。 まず、練習グリーンで 旧タイプと進化版双方を それぞれの距離感とタッチを確かめてみたのですが、 一番驚いたのは 進化版は『思った通りの方向に打てる』ということです。 進化版を打って初めて感じたのですが、 旧タイプは弾いて打ってしまうので ボールの転がる方向とパターストロークの方向が 一致しないのです。 進化版の方は店主の 言う通り 笑ってしまうほど 思ったところに転がります。 その違いはあまりに大きく ちょっとびっくり。 友人から市販の高名なパターを借りて 比較してみましたが、 市販の軽~~~いヘッドの硬~~~いシャフトのそれだと まず 思ってる通りに飛びません。 『パターは飛べばいい』というものではないかも なのですが、ボールの転がりが悪く 転がりの初速は速いのに届かない、、、 目標手前でいきなりブレーキがかかってしまう具合に なってしまい、ボールの転がるスピードで 距離感の把握がとてもし辛いのです。 届かせようとすると 無意識に弾くような感じになってしまい 今度は思ったところに向かってくれません。 これは入らないよね、、、 進化版のL型ブリストルは飛びます。 もとい、良く転がります。


良く転がるのですが、 ボールの速度はとても遅く ゆっくり転がりますが、減速もゆっくりで ゆっくり遠くまで転がる感じです。 とってもナチュラルな感じです。 パターヘッドを動かしたのと ほぼ同じ速度で転がり始めるので 練習を始めて、すぐに距離感には慣れました。 ボールの速度感に慣れてしまえば 思った距離を打つのが非常にやさしいです。 小さなストロークで済むので安定感もいいです。 旧タイプのL型ブリストルはもう4年も使っていますから 感じはすぐにつかめましたが、 なにより その方向の作りやすさの違い 『ボールはこんなにも思った通りのところに出せるんだ』 ということに本当に驚きました。 言いたくはありませんが、 このインチキさ加減と比較すると 市販のどのパターもイップス製造機とか、 パタくそ(パター下手くそ)製造機と呼べるんじゃないかと 思いますね。 これは、、、まずい代物です。 いずれ、ルール違反になるか心配するほどです。

10回の閲覧
 

046-804-1480

©2020 by ハミングバードスポルテ。Wix.com で作成されました。